昔からある素行調査とは、対象者の生活や行動パターンの監視をすることによって、普段の行動や考えを細かな
ところまで知ることを意図して依頼されている調査なのです。多くのことが明確になるのです。
1時間当たりの調査料金は、探偵社独自のものなので大きな違いがあるものなのです。ところが、料金を見ただ
けでは探偵の技術や能力などが十分かどうかがわかるわけではないのです。何社も探偵社の情報を確認するとい
うのも肝心だと考えられます。
意外なことに慰謝料請求ができないなんてことも珍しくありません。慰謝料を請求することができるのかできな
いのか…これについては、非常にデリケートな判断が必要なことが少なくないから、信頼できる弁護士にお尋ね
ください。
依頼を受けた弁護士が不倫問題のケースで、ひときわ重要に考えているのは、できるだけ時間をかけることなく
解消させるということでしょう。訴えを起こした側でも訴えられた側であっても、お待たせすることのない応対
をするのが当たり前なのです。
夫婦が離婚して3年たつと、法律上相手方に慰謝料請求することはできません。だから、万一離婚成立後3年が
来ようとしているのであれば、可能な限り早く弁護士事務所に依頼してください。

なによりも夫の浮気がはっきりしたとき、大切なことは被害者である妻の気持ちであると断言できます。夫の浮
気を許してあげることにするか、別れを決断して別の道を進むのか。時間をかけて考えて、悔しい思いをするこ
とのない決断をするべきなのです。
パートナーが不倫しているのじゃないかな?と思ったら、問題解決の入り口は、不倫調査をすることで真実を確
認することです。たった一人で抱え込んでいても、悩みを解決するための手がかりはうまくは見つけられません

調査依頼するより先に、忘れずに確認しておいたほうがよいのが、素行調査の料金システム。時間によって決ま
るもの、セット料金、成功報酬等、探偵事務所それぞれで費用請求に関する設定が異なりますので、最大限の注
意をしてください。
おそらく実際に探偵で何かをやってもらうという経験は、「長い人生で一回だけ」と言われる方がかなりの割合
を占めるはずです。探偵などに調査などをお任せしようと検討しているときに、何よりも気になるのはどのくら
いの料金なのかについてです。
カップルによってバラバラなので、細かな金額を出せないのですが、配偶者の浮気、不倫のせいで離婚という結
果になったのであれば、慰謝料の請求額は、最低100万円からで高くても300万円程度が平均的な相場だと
考えていいでしょう。

プロ以外には実現不能な、素晴らしい品質のはっきりとした証拠を手に入れることが可能ですから、必ず成功し
たいという場合は、プロである探偵や興信所等に依頼して浮気調査してもらうのが後悔しないと思います。
浮気の中でも妻の場合は夫による浮気との違いがありまして、浮気がはっきりした頃には、もう夫婦としてのつ
ながりは元の状態には戻せない状況になっていることばかりで、復縁ではなく離婚に行き着くことになってしま
うカップルが非常に多いのです。
短期間でミスすることなく対象者にバレてしまわないようにぜひ浮気の証拠を見つけたいのだったら、探偵など
調査のプロに助けてもらうというのが賢明です。調査技術や過去の経験も十分で、調査に必要な機材についても
使用できます。
元カレ、元カノから慰謝料請求があったとか、職場のセクシュアルハラスメント、その他いろんな種類のケース
に対応できます。ご自分一人で悩み苦しまず、一度は弁護士を訪問してみてください。
必要な養育費、慰謝料などを求める時点で、優位に立つことが可能になる証拠の入手だけではなく、いったい誰
と浮気しているのか?といった人物調査、そしてその人に対しての素行調査もございます。